スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちを支えてくれる花の力

一昨日は 
Iさんのフラワーエッセンスの電話セッションでした。

このところずっと でてきていたストーンクロップに
自由と解放の花 ヘーゼルが加わり
近づく春のような希望の兆しに
心から喜びを感じたセッションでした。


半年 セッションを続けてきて
どんどん解放され 自由になっていくIさんの姿に
私のほうが励まされ 心を打たれた日々でもありました。


ずっとでてきていた ストーンクロップ

ストーンクロップ

日本名がマンネングサ
小さな星のような形をした花です。

ピンクの花心から5本のおしべがスパークする光のように広がって
群生する姿は まさに 闇夜を照らす優しい星明かりのよう。

フィンドホーン フラワーエッセンスの作り手のマリオンによれば
この花のキー・ノート(鍵となる性質)は『変容と超越』

この花に出逢った時 マリオンは
「私は内面の静寂と平安を保ちつつ 心から変化と変容を迎え入れます」というメッセージを
受け取ったそうです。

人が根本的な変容を迫られている時
過去への執着や 恐れを手放し
変化を受け入れ 内なる静寂を見いだすことに大きな力を貸してくれる花です。

Iさんのセッションは
この花をベースにしながら 
他の花がその時々浮上してきた課題に合わせて
いろいろに入れ替わるという形で進んできました。

セッションを続けながら
柔らかさと明るさが増し
お話にも笑いが増えたKさん。

トンネンルの向こうの光が見えてきたようですとおっしゃていた前回は
生きる喜びと希望をあらわす ゴースという花がやってきました。

そして今回。
やってきたのは ヘーゼル。

ヘーゼル

この花のキーノートは『自由と解放』です。

やっと長いトンネルを抜けた気がしますという
すがすがしいKさんの声を聴きながら
私の中にも立ち会ってきた喜びが広がった朝でした。


フラワーエッセンスの移り変わりは
振り返ると人生の足跡のようです。

その時の自分を支え
導いてくれた自然界の質が
歩いてきた長い道のりを伝えています。



スポンサーサイト

はちみつの君(きみ)

先日の日曜日はフィンドホーンづくしの一日でした。

はちみつ


まずは朝一番に
先日 フィンドホーン・フラワーエッセンスのセッションを受けてくださったAさんから
「プロポーズされました!」との喜びのびっくり報告!

Aさんは三人のお子さんたちを育てながら会社勤めをこなす
頑張り屋で でもどこかかわいらしさの漂うお母さんです。

前回のセッションからの流れが一段落し
これからの仕事と生活の方向性を見定めたいと
2週間程前にセッションにいらっしゃいました。

話題の中心は仕事へのスタンスの取り方。
一生懸命に取り組んで成果をあげてきたつもりなのですが 
どうも報われない感じなんです・・・。

さらに上を目指してさらに努力するという道もあるけれど
なんだか子どもたちとの時間を大事にしたくなってきて・・・。

結婚?
特に結婚は考えていません。

この一年、 私ほんと仕事に打ち込んできたんですよ。
男性の多い職場ですが 仕事の仕上げ方では引けを取らなかったと思います。
男同士みたいに、時々冗談も言い合いながら一緒に仕事してきました。

そういえば関連会社に 
同性のように気遣いなく話せる同僚がいるんです。
作物や虫等が好きで そういう研究をしていて変わった人なんですけどね・・・
今は 日本ミツバチの養蜂に取り組んでいるとかで。
年に何回かしか会えないんですけど
たま~に会うと変な奴~と思いながらいろいろ話しちゃうんですよね~。

その人の話をしている時のAさんの表情がなんとも平和そうで
その方と一緒にすごしたらいいんじゃないですかなどと 私もつい無責任発言・・・^^;

コンサルテーションののち やってきたのは
ハートのブロックをはずし ハートから全身にエネルギーを流すワイルドパンジー
身近な人間関係での親密感を高めるホーリーソーン

そうそう変容期をサポートする花 ストーンクロップもありました


やがてセッションが終わり
エッセンスを準備しているとるとAさんにメール着信!
それはなんとその「ハチミツの君」。

希少なハチミツが採れたからいらない?というメールだそう。
Aさんは「めずらしいなあ~」なんていいながら帰っていったのですが
その後
はちみつを届けにきた彼は
Aさんと子どもたちに歓迎されて帰る道すがら
ずっと考えてたんだけど・・・とプロポーズしてくれたのだそうです。

プロポーズの言葉は
僕も君の家に混じりたいな・・・。

わあ・・・
朝からなんだか幸せお福わけでした^^


そして午後からは
出前 トランスフォーメーションゲーム!

うううん
ミラクルが相次ぎ
お互いへの思いやりと奉仕と感謝が行き来する
すてきなゲームでした。

何度も何度も
まず誰よりも自分を大事にしなさい 
愛してあげなさい
そんなメッセージを私も受け取りました。

私自身
身にしみました。
ほんとにまず そこですよね。


ゲームの後は
夕飯もおよばれしてしまい・・・
こどもビールまで用意していただき
恐縮でした。


みなさんが
自分がほんとうに味わいたい人生を明確にし
歩みだしていく場に立ち会わせていただいて
ほんとうに幸せな毎日です。


ところで写真は
おすそわけにいただいた はちみつの君のはちみつです。

写真からも
幸せになれそうなゴールデンオーラを感じますね!
みなさんにもお福わけで~す^^

















フラワーエッセンス 頼りになる友だち


DSCF0277.jpg

生活の中にフラワーエッセンスがやってきて
もうずいぶんになります。

フラワーエッセンスは1930年代にイギリスのエドワード・バッチ博士が
療法として確立したものです。
開いたばかりの花を 太陽の光のもとで水に浮かべてつくられます。

花の香りも色もなく
口にすると保存料として使用されるブランデーの香りや
岩塩の味がするばかりなのですが
私の場合は飲んだその時に
気持ちが落ち着いたり
思考が明晰になる感じがありました。

ある時は
飲み始めてまもなく
シンクロするように
現実の生活で長いこと進まなかったことが急に進みはじめて
驚いたこともあります。

フラワーエッセンスがからだとこころに働きかける力ってすごいなあというのが
その時の実感でした。


私がはじめてフラワーエッセンスを知ったのは
もう10年以上前
イギリス在住の日本人の女医さんのHPを通してでした。

日常の診療の中でフラワーエッセンスを処方していらっしゃるその先生は
フラワーエッセンスの歴史から一つ一つの花の働き
つくっている方によるブランドの特色など
ていねいに解説してくださっていました。

その後
その時々の直感に従って
グリーンマン
ヒーリングハーブ
ヒマラヤ
FES
フィンドホーン・・・と
いろいろなフラワーエッセンスを試し
お世話になってきました。

8年前には
当時 こころとからだをとてもサポートしてくれていたフィンドホーンフラワーエッセンスのふるさと
フィンドホーン行きが
突然実現するという
サプライズまでありました

フィンドホーンのあるスコットランド
そして隣のアイルランドには
その後も何度か旅することになりました

エッセンスのもとになっている
花や樹々 岩石 風たちとの再会は
いつも何よりの楽しみでした

DSCF0270.jpg

今週は新月前の一週間
浄化と整理の週です。

久しぶりに
自分のためのエッセンスをつくろうかな。





美しくなっていくYさん~花たちはすでにエネルギーの変化を感じている

今日はYさんのフィンドホーン・フラワーエッセンスの2度目のセッションでした。

時間になって 入ってきたYさんを見たとき
一瞬 誰かわかりませんでした。

よくみると確かにYさんなのですが
なんともいえず 艶やかで優しい雰囲気が漂い
仕事と育児でかなり疲れていた前回のYさんとはまるで別人だったからです。

「三週間しかたっていないのに
なんだかとてもきれいになられましたね。
・・・何かありましたか・・・?」
ぶしつけながら ついそんな質問をしてしまいました。

Yさんは
「今寄ってきたお店でも 同じことを言われました。
でもこの3週間特に何があったというわけではないんですよ~」とにっこり。
その表情も 花がこぼれるように美しいんです。


Yさんを見ながら 3年前のTさんを思い出しました。
Tさんはその頃 実家の人間関係と職場の人間関係 どちらもが煮詰まるところまで煮詰まり
人生に疲れきり 帰る場所もなくなっていました。

彼女は当時転がり込んでいた先輩の紹介で、私のところに来てくれたのです。

フラワーカードとクリスタルを使いながらセッションをすすめていくと
でてくる花は明らかに彼女が変動期 移行期の闇の中にいることを告げるものばかり。

今は魂の闇夜 しかし闇の中に一筋の光が見えてくる 私たちはあなたを支えます
あなたが持っている自分なんて価値がない という思いを手放す手伝いをします
あなたはもっと健康的な生活を意図すべきです 私たちはそれを助けます

そんな花が何回も繰り返し繰り返しでてきました。

ところがある時から でてくる花ががらりと変わりました。
あでやかな女性性 自分に人生を楽しむことを許可する 女性としての自分を愛し楽しむ
そんなメッセージを持った あでやかな花たちが次々にでてくるようになったのです。

そしてその頃 彼女は突然花が開いたように美しくなりました。
本人以外のみんなが気づくような そんな鮮やかな変化でした。
今日のYさんを見て そのときのTさんを思い出したのです。

Tさんはその後 なんと突然他県にヘッドハンティングされ快適な宿舎をあてがわれ
スムースに実家と前の職場を離れ、新しい生活を始めることになりました。

そしてまもなく年下の恋人ができたと報告してくれました。
Tさんはその後 ますますきれいになって女性としての生活をエンジョイしています。

変化の時期には勢いがある
今がそのときと感じたら 
思い切って動いてみること

もう先延ばしにはしないと決めて 自分としっかり向き合う気迫が
この短期間の変身をもたらしているのかもしれませんね。

そして花たちは Yさんのハイアーセルフが選択している未来のエネルギーを
感じ取り応援しているのでしょう。

美しくなっていくYさんの姿を見ていて
そんなことを思いました。

What's New !!
セッションのご案内 

◇トランスフォーメーションゲーム
2013年
1/6(日)仙台

1/15(火)東京新橋  ◇個人セッション
①10:00 ②13:30 ③15:00
対面のほか、お電話やスカイプ、出張も可能です。(出張費別途)

※御予約/お問い合わせはメールフォームからどうぞ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
最新コメント
プロフィール

holywhole

Author:holywhole
仙台ホリスティックセラピー研究所  
遠藤 園子 

クリスタルボウル奏者&ホリスティック・セラピスト。
宮城県仙台市在住。

公立学校の教員として長く表現教育、特別支援教育に携わる。同時に国内外でカウンセリング、ボディワーク、表現アートセラピー、POP、フラワーエッセンス・セラピー、エネルギー・ヒーリング、スピリチュアル・タッチなどを学ぶ。

2006年 旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。

2007年よりクリスタルボウル演奏家として、仙台をはじめ地元宮城、山形、岩手、東京、鎌倉、横浜などで活動。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届ける中、単なるリラクゼーションにとどまらないさまざまな音の効果や働きを実感。

2009年より「仙台ホリスティックセラピー研究所」として、クリスタルボウルによる音響療法、フラワーエッセンス、表現アートセラピー、トランスフォーメーションゲームなどを用い、こころとからだを癒し、喜びにみちた人生の再創造をお手伝いしています。

◇個人セッションのお問い合わせ・ご予約はメールまたは℡ 090-2973-1790までどうぞ。 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。